入院費用と医療保険

| 未分類 |

生命保険の中には、生存保険と呼ばれている生きるための保険があります。生きている中で、病気やケガで入院・手術が必要な時に利用できる保険です。一般的には医療保険と言われており、最近は多くの人が加入しています。
なぜ加入している人が大勢いるかというと、入院費用は高額負担となるからです。特に手術をする場合は多額のお金が必要となります。自己負担できる人は問題ありませんが、突然の病気や事故で入院する場合、現金の準備ができないこともあります。
保険に入っていれば、入院した際の費用を入院給付金で補うことができるのです。保険商品の保障内容にもよりますが、入院一日目から5000円~1万円程度給付されるのが一般的となっています。手術給付金や、退院後の通院給付金がもらえる保険もあります。
一度入院した場合、どれくらいの費用がかかるのか、統計が出ています。一日当たり平均で1万3000円~1万5000円程度の費用がかかります。その一部を保険金で支払えば、自己負担を減らすことができるのです。
高額療養費制度を利用すれば、さらに自己負担は少なくなります。収入によって月額の入院費用に限度額が設けられているものです。これを利用して、賢く保険を利用するといいです。