病気や怪我をしたら病院での治療や診断を受けることになります。この時医療費を払わなければなりません。日本ではすべての人が健康保険に加入しているので、医療費の一部が自己負担額であり、それ以外は保険で賄われます。
年代別でどのくらいの自己負担額になるのかというと、義務教育就学後から70歳未満では医療費の3割が自己負担です。義務教育就業前は2割負担で、70歳以上では1割負担になります。
日本での自己負担費用を比較すると、高齢者になればなるほど高額になります。その理由は高齢者になるほど病気や怪我をすることが多くなり、病院にかかることが多くなるからです。医療費の自己負担が1割である70歳以上でも医療費の自己負担費用が高いです。
医療費で高額となるのは入院する時です。病院でたくさんの治療や検査を受けるため、必要となる医療費が高くなります。また、個室や少人数の部屋で治療を受けたい場合には、別途ベッド代が必要です。
高齢者になるほど入院の可能性も高まります。このため、将来に備えて民間の医療保険に加入するのも良い方法です。医療保険に加入していると、病院で長期間の治療時にも保険金が支払われます。若いうちから保険に加入していると保険料が安くなるので、早く保険に入ると毎月の保険料の支払いが楽になります。