医療保険に加入すると、もし病気やけがで入院や手術を受けたときに給付金を受け取れます。手術給付金は文字通り、病気やけがで手術を受けた場合に受け取れる給付金のことです。ただし保険によって、手術を受けたとしても給付の対象になる場合とならない場合とがあることに注意してください。
給付されるかどうかの判断は、各保険会社の発行している約款の中に書かれているはずです。もしこれから医療保険に加入している人で、手術を受ける予定のあるのなら事前に確認をしておくべきです。約款がない、見てもよくわからないというのであれば外交員や保険会社の問い合わせセンターに確認をとることです。
基本的に病気やけがの治療のための手術であれば、給付金の下りる可能性は十分あります。たとえば、人間ドックの健診のための手術とか整形のような美容上の目的が中心の手術の場合には給付金が下りない可能性は高いです。
保険会社によっても、若干給付金が出るのかどうか判断の分かれるような手術もあります。その他には契約の始期がどこにあるのかによって、取り扱いが変わるようなケースもみられます。給付金が下りるのと下りないのとでは経済的な負担もだいぶ変わってきますので、慎重に内容をチェックして手術を受けることです。