給付倍率と定額とは

| 未分類 |

健康な毎日を送っていても、病気やケガをしないとは限らないものです。入院や手術をして、長期間働けなければ収入も厳しくなります。
そういったリスクを防ぐために、医療保険があります。医療保険は単独でも、定期保険に特約としても加入することが出来ます。基本的には医療保険は掛け捨てタイプの保険です。
万が一病気や手術で入院すると、手術代や入院費用がかかります。それだけでなく、いろいろな雑費もかかるものです。高額療養費が出るにしても、それ以外の食費や雑費の負担もあります。生活費の補てんの意味でも加入することも大事です。
医療保険を選択する時は、入院すると1日の給付金が定額でいくらもらえるのか、必要なのかを検討する必要があります。自分たちの生活に合った金額を選ぶことです。必要以上に多すぎるのも、保険料が高くなります。
そして大事なのは、手術給付金です。手術内容によってかかる費用は異なります。医療保険の場合は手術内容にによって給付金の金額が決められています。1日の給付金の何倍という、給付倍率で支払われるのです。
どんな病気にかかるのか、手術が必要なのかは、もちろんわからないものです。しかし代表的な病気になった場合のことを考えて決めるのも方法です。がん、脳梗塞、心筋梗塞になると一時的な費用が出るタイプもあります。