命保険のデメリット

| 未分類 |

収入保障保険は廉価な保険料で、月々の支払いを受けられるというメリットがある反面、デメリットも存在します。この保険の良い点と悪い点は、見方によって変わるので、一概に判断することはできません。
たとえば、収入保障保険の大きなポイントに保険金を月々受け取れるという制度があります。これには年金のように、ある種の定収になるというメリットがあります。一方で、死亡時に一括でまとまったお金を受け取りたい人にとっては、不便な制度となってしまいます。
あるいは、この保険が一定期間を区切るという点も注意が必要です。保障期間の初期に支払いがはじまれば、トータルで受け取る保険金は多額になります。しかし、期間が過ぎていくほどに、その額は逓減していきます。期間満了に近くなると、ほとんど受け取ることができないことになってしまいます。
もし、死亡や重度の障害などが発生しなかった場合、支払ってきた保険料は掛け捨てとなってしまいます。これは間違いなく不利な点ですが、これにしても被保険者が無事であることは決して悪いことではありません。
このように、良い点と悪い点は表裏一体の関係にあります。月々の保険料を払う価値があるかは、個々のケースで判断するしかありません。