1入院って何?

| 未分類 |

もしも自分が病気や怪我で入院した時に一体どれ位の費用が必要なのだろう?と健康な人でも一度は考えた事があるはずです。
年代別の入院費用の平均は30代で17587円、40代で17680円、50代で13720円、60代で15719円です。比較的若い世代の費用が高いのは個室の利用にありますが頻度は高齢化になればなるほど高くなり一概に比較する事は出来ません。一般の医療保険に加入する場合、年代が若いほど保険料は安く高齢になるほど保険料が高くなります。高齢になるほど病気や怪我で入院するリスクが高くなるから仕方の無い事です。
そこで入院保険について調べてみます。入院保険の意味は書いて字の如く怪我や病気で入院した時に支払われる保険です。ですが入院したからと言って無条件に保険料が支払われる訳ではありません。
入院保険の一般的な保障は入院給付金が1日1万円、手術給付金が1回20万円です。ですが保障される入院日数は1入院で60日が一般的です。同じ病気で入院を繰り返す場合には一定期間内であれば何度でも保険金を受け取る事が出来ますが、多くの場合は180日以内と言う期限が定められています。長期入院の場合はかなりの自己負担を覚悟しなければなりません。