}PgžxQ生命保険に対する考え方は時代と共に随分違ってきました。昔は被保険者、多くの場合は一家の大黒柱にもしもの事があった場合により多くの保障がある事が基準でした。その為に毎月支払う保険料も随分高額だったはずです。ですが現代社会では生命保険は家計を圧迫する一番大きな要因とも言われるようになり保険料を抑えるために保障は必要最低限で十分だと考える人が増えてきました。その保険が収入保障保険です。
収入保障保険のメリットは何と言っても保険料が割安な事です。言い換えると大きな死亡保障を安い保険料で調達できるのです。
その保障内容は死亡と高度障害だけと言う至ってシンプルな保険です。特約として入院や手術、ガンや三大疾病の保障もありますが基本は死亡と高度障害だけです。そして被保険者の死亡や高度障害の場合、保険金が毎月の給料のように支払われます。被保険者が死亡した時に一度に大金の保険料が支払われる保険も多くあります。それはそれで大変魅力的です。ですが良く考えて見ると被保険者の死亡時や高度障害になった時に毎月、給料のように安定した収入が保険金として支払われる事の方が安心出来る様な気がします。それも毎月支払う保険料が安くて済むのだから大変魅力的です。家計を圧迫せずに大きな保障を得る事が出来ます。